SDGsをリアルに実現!

スウェーデンにSDGs視察に行き、目からウロコの連続!日本でもサステナビリティを実現したいと決意し、活動をスタート。このブログは、地球が子、孫、その先の世代まで持続していくための活動を記録したものです。

食とも繋がっている地球温暖化

突然ですが、お肉は好きですか?

私は大好きです。すき焼き、ステーキ、焼肉、ハンバーガー・・・美味しいですよね。

ところが、気候変動への対策や地球環境を守りたいと色々勉強していくと、これらの問題を解決するためには、「肉」が絡んでいるという現実に突き当たります。(もちろんそれだけではありませんが)


実は私、恥ずかしながら、「ヴィーガン」とか「ベジタリアン」の人たちは、宗教上の理由とか、健康上の理由でそういうライフスタイルを選択しているのだと思っていました💦


ところが、そうではなく、地球環境を守るためにそのライフスタイルを選択しているのだということに気がついたのです。


初めて知ったときには、少しショックを受けました・・・😫

今まで私は知らなかったことで、選択することもできなかった。選択できなかったことで、実は地球環境問題に加担していたと。


知る事って大事だ!

知った上で、選択する。そんな生き方をしたい、そう思いました。

 

で、毎日のように食べているお肉がどういう風に地球環境に影響しているのか。


https://www.greenpeace.org/japan/sustainable/story/2019/06/18/9049/
グリーンピースジャパンのこのサイトによると・・・・


そもそも、工業型畜産(過密で育てる、薬使用、効率化のための高カロリーの餌使用など)が私たちの健康や動物福祉の観点から疑問視されているのですが、さらに下記のことがわかってきています。


●工業型畜産の地球温暖化インパクトは、全体の14%にあたり、地球上の全ての乗り物(車、飛行機、船など)から排出される量に匹敵する

●家畜の餌である飼料を育てるために、森や熱帯雨林を伐採し、地球温暖化に拍車をかけた

●何もしなかったら、2050年までに畜産と関連農業で全体の温室効果ガスの52%まで増えるだろうと予測され、平均気温を1.5度以内に抑えるという世界の目標は叶えられなくなる=さらに気候変動がひどくなっていく


お肉を消費することが、どうも確実に地球温暖化に繋がっていて、私たちはお肉の消費を考えていかなければならない時期にきているということに認識を新たにしました。


一番インパクトが大きいのは、牛肉だそうです。お肉1キロにつき、発生させる温室効果ガスを二酸化炭素に換算した場合、23〜39kg。
豚肉の場合、5〜8kg。鶏肉で2〜3kg。

f:id:chacosensei:20210218094034p:plain

で、私は、牛肉の普段使いをやめました
でも、お正月やお誕生日など特別な時は食べますよ。
お魚を最低でも週に1回夕食に食べるようにしました。(今までは夕食にはあまり出さなかった)
豚肉・鶏肉は使っていますが、量を減らし、野菜と一緒に調理するようにしました。


ヴィーガンベジタリアンは無理でも、減らすことはできる。今はそんな食のあり方を選択しています。

 

ま、肉を減らした方が健康にも良いらしいですし・・・


さて、あなたは、どんな選択をしたいですか?